様々な症状を見ることが可能な内科とは一体

体の調子が悪い時は医師に診てもらおう

人工透析とは

医療機関での現在の取り組み

腎臓の機能が著しく低下した場合、人工透析の治療が必要となる場合があります。人工透析は、腎臓の代わりに血液を浄化するために特殊な器械を使用して血液の入れ替えが行う治療のことです。 人工透析は病状が安定すれば通院での治療が可能ですが、交通機関が不便なところに住んでいる人や通院の負担を減らすために、送迎を行っている病院も多くあります。 人工透析が必要な身体になってしまうと週に3回、一生治療を続けなければいけません。家族が送迎をしてくれる人もいますが、最近では高齢者のみの世帯や単身世帯も増えているため、一人では通院が難しい人も多くいます。 そのため、最近では病院の送迎バスだけではなく、介護タクシーなどを利用する人も増えています。

透析患者が受けられる支援やサービスについて

人工透析が必要となった場合、身体障害者手帳が交付されます。身体障害者手帳とは、身体に障害がある場合でも安心して社会で生活できるように保障されている制度のことで、障害の種類によって等級が分かれており、公的補助や税金の免除などの対応が受けられます。 人工透析患者の場合は、等級が1級とされていて、バスや地下鉄などの交通機関が半額で利用できたり、タクシーも1割引きで利用することができます。 また、介護保険の介護認定で要介護1以上の判定が出ると、介護保険を利用して介護タクシーを利用することもできます。介護タクシーは、自宅と病院の送迎の他に、タクシーの乗り降りの際の介助や病院内の付き添いなども行ってくれるもので、車いすでも利用が可能なタクシーです。