様々な症状を見ることが可能な内科とは一体

体の調子が悪い時は医師に診てもらおう

内科とは一体

内科学の変遷について

外傷などの外科的要素含むものや眼科、歯科以外の疾患については大凡内科にて診療する事が可能です。このように幅広く患者を受け入れる科目と言えます。この内科というものが歴史に顔を出し始めたのが、古代ギリシアにおいてであり、現代の内科医療とは一線を画すものでありますが、医療の芽吹きを感じ取ることができます。その後、洋の東西を問わずに時代に時代に優れた医療者、施術者が現れて、医療レベルを押し上げていきました。中世後期にはドイツなどで現代医療の元になる「ターヘルアナトミア」などに代表されるような知識が発現し、世界各国へ伝達していきました。現在では内科から細分化した循環器内科や消化器内科、心療内科など多くの専門分野が出来上がり、内科が医療全体の中心の位置を占めている証左ではないでしょうか。

これから果たす役割について

病気を取り除くなどの外科的な直接の医療が行われる事の少なかった内科ですが、内視鏡やその他の医療機器が発達進歩していく中で、行える範囲も広がりを見せつつあります。また専門分野への細分化が進んでいる事を強みとし、各専門医の資格なども取得して、多角多面的に医療に参画する事が出来るようになりました。これまで科目の狭間でグレーゾーン的な範囲も当然ありましたが、内科医が専門的な知識を身につけることで、医療の質が向上してきました。更に将来的には今以上に細分化された専門医が育つことで、科目の垣根を越えた医療の提供ができるようになります。かかりつけの町のお医者さんが専門医として活躍される日もそう遠くありません。

人工透析とは

医療機関での取り組みに人工透析があります。人工透析とは肝臓の代わりに血液を浄化する装置のことで、特殊な機器を使用します。そのため基本的に通院する必要があり、送迎が行なわれるケースも存在します。

詳しく読む

肝臓病に適した食事

肝臓病食とは肝臓病と診察された場合に行なう食事療法に適した食事のことで、カロリーやタンパク質や塩分などの量が細かく規制されています。自分で作るのには難しく、宅配業者では予め作られた食事を宅配するサービスもあります。

詳しく読む

漢方でがん治療とは

がんに効果のある漢方があります。通常なら薬物投薬する必要があり、副作用などで苦しむ事になりがちながん治療ですが、漢方を使用すると自然治癒力でがんに効果がある場合があります。料金も安く購入可能です。

詳しく読む